陽月の創作裏話

カクヨムに投稿したあれこれの裏話。
この発想から、ああなって、こうなりましたみたいなのです。

冷酷な不等式?

「冷酷な不等式」は密航者の発見が遅かった為、物資が足りない、戻る時間もないという状況でした。


こちらは、密航者の発見が、充分に早かったバージョンです。


充分に早かったと言うとおり、引き返す時間があります。
密航者は助かりますし、患者もこの時間のロスで命が危険な状況になると言うほどではありません。もともと余裕を見ていた分が消費されますので、余裕が少なくはなりますが、全くなくなるわけではありません。


ですが、単に「密航者発見、今ならまだ引き返せる」→「さあ引き返そう」で済むわけがありません。
たった一人の密航者の為に、どれだけの影響が出るのか。そういうお話です。


「冷酷な不等式」では、操縦士が簡単に密航者の排除を決めている感がないこともなく。でも、そんなの助けられるなら、助けたいに決まってるじゃないか、と。


「冷酷な不等式?」はこちら↓


元の「冷酷な不等式」はこちら↓